僕のヒーロー、Ali。

Evlilik Tebrikler!

早いものでもう9月。時間の経過が早過ぎます(苦笑)。ここのところ雨続きです。台風が接近しているのもあって、今日は特に酷い雨です。雨は嫌いではないですが、こう降り続くと気分も滅入ってしまいます。

そんな、ちょっとブルーになりがちな時に吉報が届きました。

—————————————

彼との出会いは、2年前。僕がトルコへ行った時です。
イスタンブールを出発し時計回りにトルコを半周した旅でした。

旅の終盤。セルチュクという街を拠点にエフェス遺跡、エーゲ海を訪れました。

2013トルコ 499

2013トルコ 578

セルチュク1泊2日の街歩きを終え、イスタンブールへ戻ります。飛行機を利用して(既に予約していました)。いざ、イズミル空港へ。空港へは列車で行きます。あらかじめ宿の主人にも相談して、飛行機の時間に間に合う列車に乗るつもりでした。

しかし、列車は待てども暮らせども来ません。海外の列車やバスが時間通りに来ないことは、経験済でしたが…この時ばかりは少々焦りました。間に合うのか???

こういう時は、人に訊くのが一番。傍に居たガタイのデカいおっかなそうな男性に恐る恐る尋ねてみました。旅のお供「指さし会話帳、トルコ語」が役に立ちます。

「大丈夫、大丈夫。僕もイスタンブールに行くから。」とのこと。あ、この人も空港行くんだ。

40分程遅れて、ようやく列車が来ました。

2013トルコ 611

右に見切れているのが、おっかないデカい男性です(笑)。「さ、乗ろう!」と一緒に乗り込みます。イズミル空港へは約1時間。間に合うのか??

道中、先客の女の子も交え談笑。彼は英語を全く話しません。女の子を介して、話が弾みます。彼は救命士。名前は、Ali。セルチュクには研修で来たようです。ガタイ良いのも納得です。年齢は、なんと25歳。見えないんですけど(笑)。女の子は学生さん、19歳。彼ら初対面のはずなのに、以前から知り合いのように会話しています。トルコ人ってそうなの?とてもフレンドリー。

2013トルコ 613

車内販売で彼らにご馳走になりました。トルコのパン、シュミットを片手に笑っていますが、内心飛行機に乗れるかドキドキしていました。

先に女の子が下車。そこからは彼と身振り手振りで会話。僕の1.25倍はあると思われる彼の体型。一緒の飛行機に乗ったら、自分が重いから飛行機落ちちゃうかもよ…なんて冗談を言いながらケタケタ笑っています(ドリフのコントのようでした)。彼の性格もあるのでしょうが、こんな時言葉はあまり重要じゃないのかもしれません。

イズミルに到着。「急ごう~」と彼に誘導されるがままに走ります。途中、僕のキャリーケースを持ってくれました。「いいよ、大丈夫?」と尋ねると走りながらキャリーケースを上げ下げしています。力持ち(笑)。飛行機乗れないんじゃないかと半分諦めながら走っていました。

チェックインカウンターに飛び込み、ギリギリセーフ。出発20分前。なんとかチェックイン出来ました。彼に出会わなければ、きっと間に合わなかったと思います。「Aliは?」と尋ねると「僕は、次の便で行くよ」と。彼は予約をしていなかったようです。搭乗時間が迫っています。息を整えないまま、お礼とお別れを伝えました。

搭乗ゲートに着いて、ようやくホッとしました。と同時に彼の優しさになんとも言えない気持ちになっていました。ちょっと泣きたくなるくらいに。旅先でその国の人たちに優しくしてもらったり、助けてもらったりしたことは何回もありましたが、この時ほど“救われた”と感じたことはありませんでした。彼は、僕のヒーローです。

搭乗を待って、ボーっとしていると誰かに背中をつつかれます。Aliでした。違う航空会社でイスタンブールに帰るようです。早めに帰れることになって良かった。改めてお礼を伝えて、別れました。

飛行機に乗っても興奮冷めやらず。隣の男性とたまたま話すきっかけがあったので、先程の出来事を話しました。彼は空港職員。息子さんがいるそう。「あなたは、今日ラッキーでしたね。」「もう一つラッキーなプレゼントを…」と言ってバッグからイチジクのドライフルーツを取り出します。「えっ?大丈夫ですよ。息子さんに持って帰ってください。」と伝えると「僕の息子は、これをもらっても喜ぶ年齢じゃないんでね…。」と微笑んでいます。有り難く頂戴して、空港で別れました。「何か困ったことがあったら、いつでも連絡を。」と名刺まで頂きました。

2013トルコ 620

初めてイスタンブールに降り立った時は、緊張と不安でヘンな汗を掻きまくっていましたが、トルコを半周して戻って来て、今度は暖かく迎えてくれたような気がしました。

イスラム教には、「旅人を助けよ」という教えがあるとか。彼らが優しいのは、その影響でしょうか。振り返ると沢山の出会いがありました。この時に限らず、沢山の思い出があります。いつかブログで紹介していけたらと思っています。

さて、今日の本題です。やっと(笑)。見出しの“Evlilik Tebrikler!”は、トルコ語で「結婚おめでとう!」です。なんと発音するのかは、知りません(苦笑)。

つい先日、Aliが結婚したのです!おめでとう、Ali。末永くお幸せに~。

去年の婚約式、今回の結婚式にも招待を受けたのですが…そう簡単に行けません(苦笑)。お祝いメッセージを送ったら、「トルコにまた来るように」と返事が届きました。またいつか行きたいですね~、トルコ。

11990390_10207601114205242_6451321631792065051_n

今日は、いつも倍の長さになってしまいました。長文読んでいただきありがとうございました。

5 件のコメント

  1. KEIKOsays:

    お久しぶりです(^◇^)
    毎日更新されるのを心待ちにしていました。
    何しろ主人が退職してから私の交際範囲がグッと減ってしまい、話し相手が主人しかいない日があったりします・・・・。

    Davidの英会話が正に貴重な息抜きになっていますが、皆さんとのレッスンが無くなり英語に接する時間が減ったため、元々少なかった英語力がガクンと落ちてしまい、Davidとの会話がしばしば途切れてアタフタする回数ばかりが増えています。

    そうすると「いっそDavidのレッスンも辞めてしまおうか・・・」という気持ちが頭の片隅をよぎります。
    でも、そうするとますます私の世界が狭まるので、何とか頑張っています。

    今週末から主人と2泊3日の台湾ツアーです。
    初めての海外旅行です。
    生まれて初めて手にしたパスポート、10年使用できるのですが、何回利用できるかな?

    主人が勉強しに通っている学校の授業の関係で、最長で2泊3日しか出かけられません。
    早く資格を取ってもらうか、諦めるかしてもらってカナダにいってみたいです。
    出来ればDavidがガイドをしてくれたら・・・、と夢見ています。

    これからもYasuさんのブログを退屈な日々の大きな喜びとして楽しみにしています。

    筆まめがご負担にならない様に気を付けますので、よろしくお願いします。

    今日は大雨の水曜日。
    皆さんレッスンに参加されるのかなぁ。
    雨に濡れて体調を崩さないで下さいね。

  2. ysanooksays:

    > Keikoさん

    お久しぶりです。コメントありがとうございます。更新なかなか出来ずにいました。

    今日も行って来ました。大雨の中^^;。こんな日にもジェーミーは、自転車で来てましたよ。今日の参加者は、4名でした。

    きっと拒まれると思いますが、もしお時間あったら復帰なさってはいかがですか?月に1回でも。皆さんとお喋りする時間が増えるだけでも良いかと思います。

    台湾行かれるんですね!楽しみですね。観光に食に存分に楽しんでらしてください。そうそう、ジェーミー…今年のお盆休みに行ったんですよ。とても楽しかったみたいです。(臭豆腐だけは、ダメと言ってました・笑)

  3. KEIKOsays:

    大雨の中、ご苦労様でした。
    四人で受けるレッスン、いいなぁ・・・。
    Yasuさんを中心にAt homeな雰囲気で、あっという間の1時間だったでしょうね。

    私も火曜日は雨だったのでレインコートを着てDavidのレッスンに行きました。
    今まで南海が雨の日に行きましたが、今回が一番ひどい雨でした。

    昨日は杉並防災からひっきりなしに雨量情報のメールが届きました。
    今日もまだ雨が続くみたいです。
    もう雨はうんざりですが、避難せずに済んでいるのですからと諦めています。

    レッスンへの復帰、なかなか難しいです。
    行きたい気持ちはあるのですが・・・・。
    サボり癖、居座っています(^-^;

  4. KOMAsays:

    ご無沙汰しております。
    読ませていただきました。やすさんのヒーロー!

    かっこいいですね!
    こうやって旅の中で出会った人たち、いただいた親切
    って、本当に良い思い出にもなりますし、
    国際交流の本当に最初の一歩ですよね。

    各国に1人友人がいれば、世界の見方も変わりますよね。

    僕にもヒーローがいっぱいいます。

    そのうちの1人の韓国のヒーローさん。
    最近、彼女ができたそうです。
    続いていって、ゴールインして結婚してくれるといいな
    っと祈っているところです。

    自分の大切な人の幸せって、
    本当に自分もほっこり温かい気持ちになりますよね。

    大切な人たちが、幸せになりますように。

    っと、臭いんですが、コメントレスしちゃいました照

    • ysanooksays:

      > KOMAさん

      旅先での出会い。本当に良い思い出です。まさに一期一会ですよね。彼らのことを思うと…『自分は彼らのように振る舞えているか?』と顧みることが多いですねぇ。年齢や文化を越えて、教わってきたことが沢山あるように思います。

      KOMAさんも海外駐在の中、お仕事大変でしょうけど…そんなヒーロー達に囲まれて、良縁に恵まれていますよね。韓国のヒーローさん、僕も会わせていただきましたね^^。またいつかお目にかかりたいと思っていますよ。KOMAさんからも宜しくお伝えくださいませ~。

      おっしゃるとおり、大切な人が幸せだとこちらも幸せな気持ちになりますよね!コメント、ありがとうございました~。

PAGE TOP